株式会社ティーケーピー

社長メッセージ

新たな事業モデルを創造し
500億円企業に成長。
このステージだから見える未来を共に

株式会社ティーケーピー 代表取締役社長
河野貴輝

  1. TOP
  2. 会社を知る
  3. 社長メッセージ

遊休不動産など、価値を生み出していない空間を企業活動の鍵となる「会議」の場として再生する貸会議室事業からスタートした当社。 時間貸しの会議室は、「会社説明会を行いたい」「株主総会を行いたい」「宿泊を伴う研修を行いたい」といった、空間に関する社会のニーズとマッチし、いまや、日本全国及び海外に230施設を超える直営会議室を運営し、売上げも500億円を超えました。

また、昨今では、働き方改革や新型コロナウイルスの影響により、「空間」の在り方が変化しております。その中で当社は、2019年に、世界でレンタルオフィスを提供しているIWGの子会社、日本リージャスホールディングス株式会社と台湾リージャスを子会社に招きました。それに伴い、レンタルオフィス・コワーキングスペースの市場へ本格参入し、従来の時間貸しから中長期のオフィス提供へと事業を拡大し、「フレキシブルオフィス事業」へと変遷しました。社会のニーズに対して、よりフレキシブルな空間を提供することが出来るようになったのです。

“幹”であるフレキシブルオフィス事業を太く育てると同時に、その“幹”から派生する「新たなる市場創造」にも果敢に挑戦し、実績を上げてきました。

当社が展開している料飲・ケータリング事業、イベントプロデュース事業、ホテル・宿泊研修事業は「会議の飲食を満足いくものに」「単なる会議では飽き足りないので特別な空間を」 「リフレッシュ効果もある宿泊型の研修を」といった、貸会議室をご利用いただく企業様のニーズに対するソリューションとして生まれたものです。 つまり、「空間を再生する」という根幹事業でキャッチしたニーズをサービスに昇華させ付加価値として“流通”させるという「空間再生流通事業」という新しいビジネスモデルを生み出し、500億円企業へと成長してきたのです。

名実ともに、空間シェアリングビジネスのリーディングカンパニーとなった当社。根幹事業であるフレキシブルオフィス事業の幹を太く育て、そこから伸びる枝葉を大きく広げ、より多くの社員たちが人生を託すことができ、社会に存在感を発揮できる、しっかりとした「大樹」となったと言えるでしょう。
しかし、当社はここが到着点ではありません。
TKPが伸びていく大空は、無限に広がっています。新たな事業やサービスの想像など、やるべきこと、やれることはたくさんあります。そして、こうした挑戦の主体は、若き人材や新しい人材です。当社の企業力、組織力を使えば、1人ではできないスケールの大きなこともできるはず。さらには、古いタイプの大企業では長い年月を経てからでしか挑戦できないことを年齢・社歴に関係なくできるはず。ベンチャー魂を持つと同時に、周囲を動かし、組織をドライブする立ち位置で価値を発揮することを目指す方に新たな仲間になっていただきたいと思います。

ティーケーピーはあなたを待っています